« 11日からの映画祭ツイッター割引について | トップページ | 宇田有三さん、11日にもギャラリートークと映画祭のトークショーに参加 »

2011年2月 5日 (土)

読売新聞京都版の紙面に案内が載りました

2月に入って立春の昨日、「グローバリゼーションとひとの移動映画祭」の案内が、読売新聞京都版(2011年2月4日28面)に掲載されましたので、お知らせします。

映画案内などのすぐ上です。

ちょっと見つけにくいかもしれませんが、映画の概要を紹介してくれています。

なお、チケットは現在ひと・まち交流館京都で行われている写真展でも取り扱っています。

温かくなってきたので、ちょっとお散歩がてらにひと・まち交流館京都までいかが?

難民などテーマ9作品
  11日から下京で映画祭

 難民や移民問題のドキュメンタリーを特集する「グローバリゼーションとひとの移動映画祭」(実行委主催)が11~13日、「ひと・まち交流館 京都」(下京区河原町五条下る)などで開かれる。
 会場は11、12両日は同交流館、13日はキャンパスプラザ京都(同区西洞院塩小路下る)。11日午後0時45分から、エイズに感染したタイの女性の生き様に迫った2作品、12日午後2時30分から、沖縄戦を生きのぴ、米兵と結婚した女性などの人生を追った3作品、13日午後2時からはイラク難民などを取材した4作品。
 上映作品や時間、参加費はブログ(http://amenic2011.cocolog-nifty.com/blog/)参照。問い合わせは木村さん(080・3417・9354)へ。

(読売新聞京都版 2011年2月4日28面)

« 11日からの映画祭ツイッター割引について | トップページ | 宇田有三さん、11日にもギャラリートークと映画祭のトークショーに参加 »

お知らせ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451663/38745432

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞京都版の紙面に案内が載りました:

« 11日からの映画祭ツイッター割引について | トップページ | 宇田有三さん、11日にもギャラリートークと映画祭のトークショーに参加 »