« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

●10月さるくびとシネマ【上映作品紹介】①「クアリ」「アメリカ通り」

(映画の内容)
●『クアリ』(中井信介監督)
舞台はフィリピン・マニラの北西約80キロに位置するクアリ村。
1992年に米軍が撤退するまでの約30年間、スービック海軍基地の海兵隊実弾射撃訓練区域の中にあった。

当時の村人たちは米兵相手の物売りや演習場で拾った不発弾から取った火薬や金属を廃品回収業者に売って生活。
そして、不発弾解体中の爆発事故や流れ弾による事故で多くの村人が死傷した。
基地の撤退以後、生活に困った村人たちは、森林伐採やダイナマイト漁などの違法行為に手を染めるようになった。
そして、不発弾処理で負傷し障害を負った少年たちの未来…。
 
  …映画「クアリ」は、そのような米軍に依存し傷ついた人々の物語です。

※「クアリ」とは、英語で「石切り場(Quarry)」のこと。
米軍が基地の工事のさいに、ここから石を切り出したことが名前の由来に。

そして、中井監督にとっては、ここで映画を撮ることは、この石を切り出す作業にも似ていたという。
それは、米軍の撤退に伴う村人たちの生活の変化と風化しつつある米軍の記憶を、心の奥底から掘り出すことだったからだ。
こうした、村人たちが米軍と共に生きた日々の「記憶」こそが、
いまも多くの米軍基地を抱える日本で、米軍のことを知る上での貴重な「知識」や「資料」となるにちがいないと監督は言う。

●『アメリカ通り』(キム・ドンリョン監督)
舞台は米軍基地が面積の約40%を占める韓国・トンドゥチョン(東豆川)市。
そこには「アメリカ通り」と呼ばれる、基地の米軍兵士向け歓楽街がある。

韓国人女性のKが働き続けた40年以上の歴史と、一方で近年増えてきたロシア人、フィリピン人女性の今。

カメラは静かに個室のKの寝食を撮り続ける一方で、
異郷からきた若い彼女たちに寄りそい、米軍兵士たちとの関係、故郷への想いを見つめる。若い女性の感性でとらえた、基地の今昔のセックスワーカーたちだ。

映画学校を卒業してから「アメリカ通り」で女性たちの日常に寄りそうカウンセラー&翻訳ボランティアとして活動していたというキム・ドリョン監督。
実に自然にロシアやフィリピンの女性たちが日常を撮らせるのも、こうした背景があってのことだろう。

スクリーンでは四ヶ国語(韓国、タガログ、英語、ロシア)が飛び交うのに、字幕になっていない言葉がたくさんある。それもまた監督が意識的に異文化の中に生きることの孤独と疎外されている実感を表現するために仕掛けたことだ。
そして、“いま風に”この映画も少しのテロップ以外のナレーションや、生音以外のBGMがない。
…テレビのかゆいところに手の届くようなドキュメンタリーに慣れた向きにはその辺は「理解しにくい」と映るかもしれないが。

2011年9月21日 (水)

●いきなりですが、10月21-24日上映会の作品と上映時間!!

さるくびとシネマ10月上映会「カタロゥガン」「女と孤児と虎」「クアリ」「ナナイの涙」「アメリカ通り」

  • 日程: 2011年10月21日(金)~ 2011年10月24日(月)
  • 場所: 京都市東山いきいき市民活動センター 二階集会室

◆会場ではフィリピンのロラたちの写真も展示します
◆「保護者団」の手作りクッキーも買えるよ~!(予定)
◆「女と孤児と虎」はリピーター割引あり!(5月、7月、8月に「さるくびと」で観た方は500円!)

入場料金:
【事前予約】※備考欄に作品名を記載して下さい。
1本 1,000円、2本1,800円、3本2,400円、4本2,800円、5本3,000円

【当日】
1本 1,200円、2本2,200円、3本3,000円、4本3,600円、5本4,000円
申し込みはここから:http://cotocoto.jp/event/46301


上映作品と時間:
上映時間は変更する場合があります。

「10月さるくびとシネマ」は、

駐留米軍基地・セックスワーカー・戦時性奴隷・海外養子
歴史に翻弄された20世紀の女性たちの軌跡をたどる旅。
韓国、フィリピン、アメリカ…そして日本への旅。


主に21世紀になった10年余りの中で発表された
マズメディアではなかなか取り上げられないドキュメンタリー作品を
集めました。



①竹見智恵子監督「カタロゥガン」(2011)★中井信介撮影・編集
【10/21・金】19:25‐20:50
【10/22・土】10:30‐11:55
        18:50‐20:15
【10/23・日】12:25‐13:50
【10/24・月】14:00‐15:25
          19:00‐20:25
②ジェーン・ジン・カイスン監督「女と孤児と虎」(2010)
【10/21・金】16:00‐17:15
【10/22・土】17:25‐18:40
【10/24・月】15:40-16:55
③中井信介監督「クアリ」(2005)
【10/22・土】13:45‐15:25
【10/23・日】14:05‐15:45
④中井信介監督「ナナイの涙」(2009)
【10/22・土】15:35‐17:15
【10/23・日】10:30-12:10
⑤キム・ドンリョン監督「アメリカ通り」(2008)
【10/21・金】17:40‐19:10
【10/22・土】12:05‐13:35

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »