« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

【事前申し込みについて】2月さるくびとシネマのお得な割引は前日までに!

2月さるくびとシネマ、いよいよ今週の金曜日からスタートです!

●事前申し込みがお得!

・cotocoto京都の「さるくびとシネマ」ページからの申し込み(受付確認付き)
【2月2日21時まで】
http://cotocoto.jp/event/60338

・facebookさるくびとシネマのイベント欄からの申し込み。

・Twitter(アカウントamenic_film)からの申し込み
【原則、開催日の前日まで】

----

・事務局メールアドレスでの申し込み

上記SNSやサイトにアクセスできない場合は
amenicnicnic@softbank.ne.jpまで

2012年1月26日 (木)

【2月さるくびとシネマ】予約割引ありの申し込みフォームはこちら!

きょうは27日。事務局大忙しの、開催7日前です。ブログの情報もたくさんリンクして頂いてありがとうございます!!

お得な事前申し込み割引ありの申し込みフォームを、今回もコトコトのサイトに設けています。どうか、みなさま、こちらから予約して頂きますよう、お願い申し上げます。

なお、事務都合上、こちらでの予約は初日2月3日(金)の正午(12時)までで、受付終了させて頂きます。何卒よろしくお願い致します。

http://cotocoto.jp/event/60338

画像:「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」から。ワークイン・女たちの歴史プロジェクト(C)山上千恵子

検閲で著書も出せなくなるときを考え、

菊栄は鶉を飼育し、卵を出荷する事業を始めた

Ccf20110127_00000 

2012年1月19日 (木)

2月5日(日)『妻はフィリピーナ』上映後トーク、寺田靖範監督ゲスト!

2月4日・5日と上映する『妻はフィリピーナ』(1993年)。

--------------------------------------------------

4日(土) 上映 11:30-13:10

5日(日) 上映 14:00-15:40

      トーク  15:45-16:45         ゲスト:寺田靖範 監督 

                      司会・話題提供:菊地夏野(名古屋市立大学)

今回フィルムをDVDにして頂いて上映できることになった作品ですが、寺田靖範監督が5日(日)上映後のトークにお越しくださる予定です。これは、『妻はフィリピーナ』上映後に、菊地夏野さんのトークと会場のみなさんとのシェアリングの時間ですが、ゲストでお越し頂きます。ぜひ監督に聞きたいことがある方はお越し下さい。といっても、すごくプライベートな面も出ている作品なので、その辺をお含みおきください。

2月さるくびとシネマで『妻はフィリピーナ』(前日も上映あり)をご覧になった方はトーク参加無料。トークだけの方は500円の参加費をお願いします。

                            画像:「妻はフィリピーナ」から  (C)寺田靖範

Photo

2012年1月15日 (日)

「ルッキング・フォー・フミコ」4日(土)上映後、15時から栗原奈名子監督とトーク!

Photo

当時のメディアでウーマンリブの代名詞のように扱われた田中美津さん。

しかし、リブはある特定の指導者がいたわけではなく、気づいたひとりひとりがリブだった…

画像提供:「ルッキング・フォー・フミコ」©栗原奈名子

2月4日土曜午後の『ルッキングフォーフミコ』上映後、1時間弱ほど、栗原奈名子監督のコメント&会場感想交流を行います。

3日に『ルッキング・フォー・フミコ』をご覧になる方も参加出来ます。受付でお支払い時にお渡しする領収書兼参加証をお持ち下さいね。

【上映時間】

2月3日(金)    上映18:00~18:57

2月4日(土)    上映14:00~14:57

         意見交流15:00~16:55

2012年1月14日 (土)

【修正版】2月さるくびとシネマ「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」「妻はフィリピーナ」「ルッキング・フォー・フミコ」「沖縄のハルモニ」「障害とセックスとビデオテープ」「In God's House」「女と孤児と虎」

Photo

写真は「妻はフィリピーナ」の一場面 【画像提供・寺田靖範監督】

(メールフライヤーをアップします。転送歓迎。)

これは、1月14日更新分です。最初のバージョンと少し時間の違うところがあります。とりあえず、これが最新版です。

----

こんにちは。
グローバリゼーションとひとの移動映画祭がお送りする映画の部屋、「さるくびとシネマ」2012年2月上映会のお知らせです。
今回は、この上映会のために監督にDVD化して頂いた『妻はフィリピーナ』をはじめ、少し懐かしい70年~90年代を映画を集めてみました。
さらに、日本で初めて女性で労働省婦人少年局長になった山川菊栄さんの生誕120年(2010年)を記念して制作された『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』(2011)を上映し、日本におけるフェミニズムの源流をたどるような、戦前・戦後100年のなかで起こった様々な女性たちの問題をみていきたいと思います。

懐かしい作品もありますが、「さるくびと」では初上映の作品を中心にお送りしたいと思います。今回は、上映時間60~100分ぐらいの作品が中心です。
できるだけ、作品上映終了後に感想交換や現場をよく知る講師のトークを入れています。

ぜひ、お立ち寄り下さい。

※山川菊栄と同じ1890年に生まれ、
  貧農の娘から「女中奉公」、紡績女工、炭鉱婦、玉子の行商と
   働き続けた祖母・シズエのたくましい手と生涯を思い出しつつ

娘が汗だくで藪をひらき ここらでひとやすみと
傷だらけの足を投げ出した小みちは
すっかり舗装され
ひとが歩くだけでは不公平とばかりに一直線に広がり
いつのまにか車両が疾走している 

自転車にのった満面の笑顔の娘たちがビュンビュン走り抜けていく
ありったけの自由を 呼吸するように身にまといながら

そして
少しだけ先を歩く女の背中に追い越しざまに声をなげる
「ねえ どうするの」
言うが早いか、次の瞬間 別世界にいる、笑顔の娘たち

   ねえ どうするの>どうするの…>どう…>…>
   問いかけがこだまする

空耳だったのか
笑顔の娘たちではなく 悲しみの娘たちの声だったのか

そうそう。
いま、娘の走り抜ける、
そのみちの下に埋まった昔むかしの娘たちの足跡を 
追いかけてでも伝えなくちゃと、少し歩を早める。

   ねえ ちょっと待ってよ 
   まだ そんなに急がなくてもいいでしょ


   

(2012立春◆さるくびとシネマ) 

ずっと観たかった映画が
きっと みつかります

---
【日 時】2012年2月3日(金)ー6日(月)
【会 場】京都市東山いきいき市民活動センター 二階集会室
【参加費】1本・1200円(予約1000円)
     トーク・講演のみの参加は500円。
     「女と孤児と虎」は500円。
(複数割引)当日・事前予約とも割引あり
      予約1本・1000円  
        2本・1800円
        3本・2400円
        4本・2800円
        通し・3000円
      当日1本・1200円
        2本・2200円
        3本・3000円
        4本・3600円
        通し・4000円

【三日間の上映作品】
●「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」(山上千恵子監督、2011、76分)
 日本で初めて女性で労働省婦人少年局長(片山内閣)になった山川菊栄のたどった戦前戦後。
 映画の冒頭のデモで参加し、発言をしている栗田隆子さん(女性と貧困ネットワーク)のトークあり。

●「妻はフィリピーナ」(寺田靖範監督、1993、100分)
日本のフィリピンパブでテレサと出会った「私」が国際結婚。
日常の喜怒哀楽や、フィリピンと日本人のことを決して声高ではないが率直な語りを通じて、国際結婚の現実を切り取った作品。
監督が日本映画学校在学中に取り掛かった作品で、第2回国際学生映画祭ドキュメンタリー部門賞を獲得。その後に現地撮影したものも含めて第34回日本映画監督協会新人賞を受賞。

●「障害とセックスとビデオテープ」
 (ビヨンドメディアエデュケーション&エンパワード・フェフェス、2007、アメリカ、35分)
 障害を持つシカゴの若い女性たちの当事者団体のメンバーがビデオを作ろうと互いのセクシュアリティを語りあう、底抜けに明るいドキュメンタリー。
 短い作品ですが、会場のみなさまと感想交流を行いたいと思います。

●「In God’s House 」 (リナ・ホシノ監督、2006 ※日本語字幕付きは22分。原語のみ90分)
 アジア系アメリカ人の性的少数者はキリスト教教会や家族からどう扱われたのか。
 堀江有里さんトーク「宗教とセクシュアルマイノリティ」&会場シェアリングあり。日本語字幕なしの90分は解説を加えて紹介。

●「沖縄のハルモニ~証言・従軍慰安婦」(山谷哲夫監督、1979、85分)
 渡嘉敷島に送られ「慰安婦」として働かされた、ペ・ポンギハルモニ。
 終戦後もアメリカ占領下の沖縄に残ったが、1972年の日本返還のさいに慰安所にいたことを明かす。
 1991年死去したが、ちょうどこの年に、韓国でキム・ハクスンハルモニが被害者であることを名乗り出た。

●「ルッキング・フォー・フミコ」(栗原奈名子監督、1993、57分)
 70年代当時マスコミから否定的に扱われ、わずか5年で社会の表舞台から消えていったウーマンリブ運動。
 監督はアメリカ留学中に当時のリブ参加者「フミコ」に出会って感銘を受けたがフミコは死去。
 カメラは、当時のリブ参加者5人を追って日本へ。

        

◆◆上映スケジュール
2月さるくびとシネマ
3日(金)17時45分受付開始
18:00-ルッキング・フォー・フミコ
19:15-姉妹よ、まずかく疑うことを習え
     ★残り30分ほど会場シェアリング

4日(土)10時15分受付開始
10:30-障害とセックスとビデオテープ
11:30-妻はフィリピーナ
14:00-ルッキング・フォー・フミコ
16:00-沖縄のハルモニ
17:30-18:30★会場シェアリング
19:00-★★小澤かおるさんの「被災地とセクシュアルマイノリティ」報告

5日(日)10時15分受付開始
10:30-姉妹よ、まずかく疑うことを習え
12:00-12:55
    ★栗田隆子さんのトークとシェアリング「現代の女性労働と菊栄の時代」
13:00-障害とセックスとビデオテープ 
14:00-妻はフィリピーナ
15:45-16:40
    ★菊地夏野さんのトークとシェアリング「フィリピンの移住労働」

    (夜は別会場での交流会を予定しています)

6日(月)13時45分受付開始
14:00-女と孤児と虎
15:30-沖縄のハルモニ
17:00-★菊地夏野さんのトークとシェアリング「日本軍戦時性奴隷」
18:00-イン・ゴッズ・ハウス
19:30-20:30
    ★堀江有里さん+菊地夏野さんのトークとシェアリング「宗教とセクシュアルマイノリティ」

【トーク】
2月4日(土)19時-小澤かおるさん報告「被災地とセクシュアルマイノリティ」(特定の映画との関係はありません)参加費500円                  
2月5日(日)『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』/アフタートーク・栗田隆子さん「現代の女性労働と山川菊栄」、
      『妻はフィリピーナ』『沖縄のハルモニ』/アフタートーク菊地夏野さん「フィリピンの移住労働」「日本軍戦時性奴隷」
      --------------------------------------- 
       夜=交流会(夕方18時~)
2月6日(月)『In God's House』堀江有里さん(映画18:00-解説とシェアリング19:30-)

【三日間の上映予定作品】複数割引対象作品6本
・「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」(山上千恵子監督2011、76分) 
・「妻はフィリピーナ」(寺田靖範監督1993、100分)
・「障害とセックスとビデオテープ」(ビヨンドメディアエデュケーション&エンパワード・フェフェス2007、アメリカ、35分)
・「In God’s House」(リナ・ホシノ監督2006、日本語字幕付き22分、原語のみ90分、※堀江有里さん解説あり)
・「沖縄のハルモニ~証言・従軍慰安婦」(山谷哲夫監督1979、85分) 
・「ルッキング・フォー・フミコ」(栗原奈名子監督1993、57分)
-------------------------------------------------------------------------------------
・「女と孤児と虎」(ジェーン・ジン・カイスン監督2010、74分)【一回のみ】500円

主 催◆グローバリゼーションとひとの移動映画祭
    http://amenic2011.cocolog-nifty.com/blog/
    電話:
        FAX:

申込先◆ http://cotocoto.jp/event/60338

【有料企画】第7回さるくびとシネマ★2月3・4・5・6日ずっと観たかった映画がきっとココにある!

2012年1月 9日 (月)

【PDF】「2月アラウンド立春*さるくびとシネマ」のチラシはここから!

こんにちは。

2月さるくびとシネマのチラシが出来ました。

PDFファイルをここに置いていますので、自由にdownloadして使って下さい!

実物はA5判両面刷りですが、A4サイズで表と裏を並べてありますので、そのままA4用紙で出力してくださってもオッケーです。

たくさん刷るときは一面を刷ったあと版下ではなく用紙の束をひっくり返せば、一回の製版で両面刷れます。

「2.pdf」をダウンロード

【表面イメージ】

11_4

2012年1月 6日 (金)

※修正前【京都】2012年2月さるくびとシネマ(第7回)のお知らせ◆友よ、冬は長いが、立春のひだまりに集い語ろう。

5161_000612_14_2

◆山上千恵子監督・映画『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』より 画像提供:ワークイン/女たちの歴史プロジェクト

~公園通りのデモ(女性と貧困ネットワーク) 

みなさま、明けましておめでとうございます。さるくびとシネマ事務局です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

さるくびとシネマを運営するグローバリゼーションとひとの移動映画祭も、2月でようやく一周年。2012年最初の上映会を、このメモリアルな2月に開催したいと思います。

まだまだ冬は長いですが、暦の上では節分が終わり立春を迎えるこの頃に、奇跡的におだやかな陽気がやってくることがあります。そう、2月を光の春とは、よく言ったものですね。冬には違いないけれど、風の中に春の蠢きが感じられる季節です。

そんな頃に、お忙しいあなたも勉強や仕事の手をちょっと休めて、思い切りからだを伸ばして深呼吸したら、ちょっと東山まで出かけませんか?

●今回はわたしたちの大先輩が生きた激動の時代に旅して、日本だけでなく、アジアの女たちがたたかって、働いて切りひらき、生き抜いてきた社会へ。

今より少しだけ昔の、フェミニズムの歴史やセクシュアリティを考える作品を観ましょう。(観終えたら、もっと、おばあちゃんの昔話が聞きたくなるかもしれません)

懐かしい作品もありますが、最近はあまり上映されていない作品を中心にお送りしたいと思います。「さるくびとシネマ」においては、これらはすべて初上映です。
今回は、上映時間60~100分ぐらいの作品が中心で、いくつかの作品は上映終了後に感想交換や講師によるトークを入れています。

★ずっと観たかった映画が、きっとここにある。

【四日間の上映作品】
●「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」(山上千恵子監督、2011、76分)
 日本で初めて女性で労働省婦人少年局長(片山内閣)になった山川菊栄のたどった戦前戦後。
 映画の冒頭のデモで参加し、発言をしている栗田隆子さん(女性と貧困ネットワーク)のトークあり。

●「妻はフィリピーナ」(寺田靖範監督、1993、100分)Photo
 

●「障害とセックスとビデオテープ」
(制作・ビヨンドメディアエデュケーション&エンパワード・フェフェス、2007、アメリカ、35分)
 障害を持つシカゴの若い女性たちの当事者団体のメンバーが語るセクシュアリティ。

●「In God’s House 」 (リナ・ホシノ監督。※日本語字幕付きは22分。原語のみ90分。‐‐年)
 アジア系アメリカ人の性的少数者はキリスト教教会や家族からどう扱われたのか。
 堀江有里さんトーク&会場ギャザリングあり。日本語字幕なしの90分は解説を加えて紹介。

●「沖縄のハルモニ~証言・従軍慰安婦」(山谷哲夫監督、1979、)

●「ルッキング・フォー・フミコ」(栗原奈名子監督、1993、57分)

【参加費(鑑賞料)・トークまたは感想交流会込み】
(事前予約)1本1,000円(当日)1,200円
(複数割引)当日・事前予約とも割引あり

お得な事前お申し込み⇒http://cotocoto.jp/event/60338

【トークあり映画】
◆2月4日(土)『ルッキング・フォー・フミコ』/小澤かおるさん「被災地とセクシュアルマイノリティ」/                   
◆2月5日(日)『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』/栗田隆子さん「現代の女性労働と山川菊栄」、
      『妻はフィリピーナ』『沖縄のハルモニ』/菊地夏野さん「フィリピンの移住労働」「日本軍戦時性奴隷」
       夜=交流会(要・事前申込)
◆2月6日(月)『In God's House』『障害とセックスとビデオテープ』/堀江有里さん、菊地夏野さん

【日別】

【3(金) 16:00-21:00】    
18:00-19:00 ⑥ルッキング・フォー・フミコ
19:15-20:35 ①姉妹よまずかく疑うことを習え

【4(土) 10:00-21:00】
10:30-③障害とセックスとビデオテープ
11:30-②妻はフィリピーナ
14:00-⑥ルッキング・フォー・フミコ
16:00-⑤沖縄のハルモニ
★18:00-小澤かおるさんの「被災地とセクシュアルマイノリティ」報告

【5(日) 10:00-17:00】
10:30-①姉妹よ、まずかく疑うことを習え
12:00-トーク+休憩)(栗田)
13:00-13:45 ③障害とセックスとビデオテープ
14:00-②妻はフィリピーナ
15:45-トーク+シェア(菊地)

【6日(月) 12:00-21:00】
14:00-⑦女と孤児と虎 (500円)
15:30-⑤沖縄のハルモニ 
17:00-トーク
18:00-④イン・ゴッズ・ハウス
19:30ートーク+シェア(堀江)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »